動画の可能性

2014年の「動画元年」から、動画広告市場は右肩上がりに伸びています

既存のTVメディアはもちろん、スマホやPCなど動画に接触するデバイスが急増したことから、動画広告市場は一気に拡大。企業活動において動画を無視することはできない状況になっています。
その動画は、ただ単純に注目されているのではありません。動画を持つ、使うメリットは理由がはっきりしています。

movie

動画を使えば、情報を正しく届けることができる!
use

人間が物事を説明する場合は、伝える人の雰囲気や話し方によってどうしても伝わり方が変わってしまいます。とはいえ、テキスト(文章)だとニュアンスまで伝えることが難しい場合があります。でも動画を使うことによって、情報を正確に届けることができます。
・商品のブランドイメージを伝える
・商品の日常での使い方を連想させることができる
・商品の利用価値を感じさせることができる
・ゲームやアプリの世界観を伝える
・企業の理念やビジョンを伝える
・学校や塾、セミナーの雰囲気を伝える etc...
イメージ系はもちろん、物事のディテールを正しく伝えることにも大きく役立ちます。

動画を使えば、コストを削減できます!

動画は「劣化しない・文句を言わない」非常に優秀な営業マンでです。会社案内や自社サービス、商品のポイントをよりスピーディに伝えることができます。また、マニュアルや教育資材として社内向けコンテンツとしても活躍。今まで複数の社員に頼っていた業務を、たったひとつの動画が解決してくれます。